バナー画像
家族葬Q&A

家族葬に関するQ&A


家族葬と密葬の違いはなんですか?

家族葬と密葬は根本的に異なります。まず、「密葬」は後の社葬やお別れ会など「本葬」を控えたところの「密葬」です。先に家族や親族で営むのが一般的です。 家族葬は、家族や親族、友人など本当に仲の良かった方中心に執り行われる少人数の葬儀式を現在では「家族葬」とよんでいます。



家族葬にする場合ご近所にはどう伝えればいいのですか?

ご近所とほとんど付き合いがない場合でも、「ご近所で不幸があれば、香典を持って焼香に行く」のが常識だとお考えの方もたくさんいらっしゃいます。事前に町内会長やごく近くの方にお葬式がある旨と「家族葬で執り行う」ということを伝え、会葬や香典をお断りする旨を伝えるべきでしょう。



家族葬の場合、参列者以外には何も伝えなくてもいいのですか?

必要な方たちにはちゃんと知らせる必要があります。まず、参列していただけない親族や(もちろん場合によりますが)ご近所には正確にていねいに伝える必要があります。ご家族の勤務先にも連絡をして、同時に参列や香典のご辞退の旨を伝える必要があります。こうした方たちには、事前に「葬儀を家族葬で行うので」といってお断りをすれば、たいていは受け入れてくださいます。また、事後にお知らせをする必要のある方たちもいらっしゃいます。事後にご連絡をする場合には、葬儀にお呼びできなかった理由をていねいにわびる手紙を出すのが適当でしょう。



家族葬の場合、参列者以外には何も伝えなくてもいいのですか?

必要な方たちにはちゃんと知らせる必要があります。まず、参列していただけない親族や(もちろん場合によりますが)ご近所には正確にていねいに伝える必要があります。ご家族の勤務先にも連絡をして、同時に参列や香典のご辞退の旨を伝える必要があります。こうした方たちには、事前に「葬儀を家族葬で行うので」といってお断りをすれば、たいていは受け入れてくださいます。また、事後にお知らせをする必要のある方たちもいらっしゃいます。事後にご連絡をする場合には、葬儀にお呼びできなかった理由をていねいにわびる手紙を出すのが適当でしょう。



葬儀自体が初めての経験でよくわかりません。 家族葬にすれば、費用がおさえられるのですか?

葬儀において、費用の内訳をしっかり考えることは、とても大切なことです。 家族葬にしたら費用が抑えられるという事ではなく、「ご家族様だけでしっかり故人様をお見送りしたい。」と言うお気持ちを形にしたものを私どもでは家族葬25万円プラン〜30万円プランとしてご用意させていただいております。



火葬式は自分たちで出来ますか?

棺の用意や、ご遺体が傷まないように処置をするドライアイスなど専門的知識が必要ですし、火葬場によっては葬儀社でないと予約が取れないところもあります。


よくあるご質問Q&A

亡くなる前に事前に相談したいのですが、可能でしょうか?

はい、生前のご相談は無料で承っております。葬儀は多くの人にとって経験がなく、また短時間で準備しなくてはなりません。慌てないためにも事前にご相談される事をお薦めします。事前のご相談やお見積もりには一切費用がかかりませんので、ご安心ください。
なるべく故人や家族の意向を決めておき良心的な葬儀社を選んでおくことで、結果的に後悔のない満足いく葬儀になると思います。



深夜の急な電話でも大丈夫?
当社は24時間体制で受け付けています。明朝・深夜とわず、迅速に対応いたしますので、どうぞお問い合わせください。



火葬だけでも対応していただけますか?
もちろん、火葬のみにも対応いたします。詳しい内容、プランにつきましてはご相談ください。



病院の指定葬儀社にお願いしなければいけないのでしょうか?
そういった決まりはありません。
病院に葬儀社を紹介してもらうと葬儀までお願いしないといけないのでは?と、心配する方もいますが、そのような事はありません。
気が動転しているなかで葬儀を依頼してしまうのはできれば避けたい状況です。断るときは「お願いする葬儀社が決まっていますので・・・」とお断りしても大丈夫です。



ホールで執り行うお葬式って、平均いくらかかるの?
(財)日本消費者協会の調査による2003年度の中部A(新潟県・富山県・石川県・福井県)の平均は、 203.4万円です。



家族葬ではなく、一般の葬儀はできないのですか?
弊社では、スタッフがきめ細かくお手伝いすることを大切に考えていますので、一般会葬者が多いご葬儀の執り行いはしていません。

一般の葬儀をご希望の場合は、信頼できる葬儀社をご紹介させて頂いております。


上へ